自己肯定感って?

自己肯定感

様々なところで見聞きする言葉です。(自己信頼、自信という言葉も同義です)
さて、この「自己肯定感」とはどんなものでしょう?

今の私は「今の私」で大丈夫

こんな想いを無意識に持てている、そんな風に考えて下さい。

私は自己肯定感のお話をする時、同時に「自己否定感」についてもお伝えしています。

「自己肯定感」と「自己否定感」 どちらも必要 大切なのはそのバランス

どういう事でしょう?

  • 私には知らないことがたくさんあります
  • 私には分からないことがいっぱいあります
  • 私には出来ない事が山ほどあります
  • 私には苦手なモノや苦手な人が結構ありますし、います

(これ全部、私の事です)

これらは「自己」を「否定」していますね。

ですが、知らないことは「知る努力」をすれば良いし、出来ない事は「出来るように努力」すれば良いし、苦手な人とは無理に付き合う必要はないし、仕事などでどうしても付き合わなければならない場合は、最低限の付き合いに留めれば良いし、その努力をすれば良い。

こうして自己否定した材料を、自分への「課題」とすること、そしてそのための努力をしてみることが、自己肯定につながっていけます。

その結果は問題にしません。

上手く行けばそれは「達成感」として自己肯定出来るようになりますし、もしうまく行かなくてもそれは引き続き「課題」とすれば良いだけなんです。

人がその人生の中で出来る事には限りがあります。
全てのことが出来るようになるわけではありませんし、そんな人も居ません。

このような努力をしていくことで、人はその人生を終えるまで成長し続けられます。

出来ない事を嘆いて終わり、ではなく、それを出来るように努力を「出来るだけ」してみる。
そのような意識を身に付けることが出来れば、自然と自己肯定感は上がるモノです。

自己肯定イメージ

自己肯定感を育む子育てとは

子育ての場合、子供に対して上記のような接し方をすれば、その子はしっかり自己肯定出来るようになります。

出来たことをしっかりと認めてあげて、出来なかったことはどこに問題があったのかを一緒に考えて、時にはちょっと手伝ってあげる。

あくまでも主体は「コドモ」です。

自分で考えて行動し、そこから得た経験を自分で検証してみる。

ちょっとしたヒントは与えても、すべてを親がしない。(準備も含めて)

このような育て方が出来ると、その子は自己肯定感を持つと共に、一定の年齢になって来ると精神的自立も果たせるようになるんですね。

自己肯定感を育てるイメージ

ぜひ、子育ての参考になさってください