アダルトチルドレンとはこんな人

あなたは「あなた」が好きですか?
「いなくなりたい」「消えたい」と思っていませんか?
毎日がつらく、「やる気」が起きず、鬱々とした日々を送っていませんか?

それはあなたのココロの奥に「アダルトチルドレン」が隠れているからかも知れません。

以下に挙げるのは「アダルトチルドレン(AC)」に見られる特徴です。

  • いつも何か原因のよくわからない息苦しさを感じている  
  • いつも同じようなパターンで人間関係が悪くなってしまう  
  • 他人や自分を信用できないが、愛情はもっと欲しいと思っている  
  • 子供に感情的に接してしまったり、すぐに叩くなど手をあげてしまう  
  • ギャンブル、アルコール、買い物、恋愛などへの依存傾向がある  
  • いつも自分を責めてしまう(自分が悪いと思ってしまう)  
  • ちょっとした事でもすぐに傷ついてしまう(HSP)  
  • 他人に異常に攻撃的になったり、他人に批判的な感情が浮かぶ  
  • 常に自分を犠牲にしなければといけないと思っている  
  • 生活の中でリラックスしたり、楽しむ事が出来ない (自分は楽しんではいけない、もっと頑張らなくてはいけないとの思い込みがある)  
  • 常に孤独感、疎外感を感じている

こんなことを日々感じながらつらく、苦しい毎日を送っているあなたは「アダルトチルドレン(AC)」かも知れません。
愛着障害複雑性PTSDきょうだい・きょうだい児ヤングケアラーHSPなどもその一つです。

「アダルト チルドレン(AC)」ってなに?

「アダルトチルドレン(AC)」

これを「大人になり切れていないオトナ」と勘違いされている方がいます。
アダルトチルドレンを「病気」だと思っている方も居ます。
これはどちらも大きな誤りです。

自分が過去に経験したトラウマからアダルトチルドレンになってしまっていることに気付かないまま、苦しんでいる方も沢山います。

医師やカウンセラーでもACを知らず、見逃されている場合があるので、患者さんやクライアントさんがACであることに気付かないまま、投薬による治療やカウンセリングを続けているケースもあります。

アダルトチルドレンの生きづらさイメージ

「知らない」ために誤解や勘違いをしていたり、知らないためにいつまでも苦しみを抱えてしまっている現実に目を向けていく必要があります。

カウンセリングに来られる方で「もしかしたら…」と思い、こちらからアダルトチルドレンについてお話しすると「それって私の事です」と気付かれる方が多い事からも、 まだまだアダルトチルドレンを知らない方がたくさんいることを思い知らされます。

「アダルトチルドレン」とは子どもの頃に必要な愛情を受け取る事が出来ず、訳も分からないまま理不尽なつらさを経験し、大人になっても幼くつらい自分(インナーチャイルド)がそのままココロの中に居て、「生きづらさ」という形で助けを求めている、つまり「コドモの頃に『コドモらしく』居られず、オトナになることでその環境を生き延びてきた人」、こんな風に理解してください。

「不幸な自分」が当たり前の自分というトラウマ

このような幼少時を過ごし、このような生き方が身に付いてしまうと「不幸である自分」が当たり前の状況となってしまい、自分がつらい状態を「普通」と感じてしまいます。

ココロはこの「いつもの状態」に安心感を覚えるため、生きづらさを抱えながら悩み苦しむ日々を「普通」と感じ、その状態をキープしようとするんです。

「不幸な自分で居ることが安心であり幸せである」
こうして日本語にするととてもおかしなことがココロの中では起こっています。

これはその人が育って来た環境によって作られる「思い込み」で、ある意味トラウマのようにその人のココロの中に延々と残ります。

このような状態から抜け出すためにカウンセリングやセラピーを受けることをお勧めするのですが、それらは「普通ではないこと」「新しいこと」なので人は不安を覚えます。

それまでに経験したことがない、新しいことを始める時、人はとても不安になります。

つまり今の生き方を変えるというのは「それまでの『普通』から脱却するために新しいことを始める」一歩を踏み出す勇気が必要になります。

アダルトチルドレンは「病気」ではありません

アダルトチルドレン(AC)は病気ではありません

私自身もACを自覚する一人です。
その上で私は「ACは一つの個性である」と考えています。

誰しも生まれ育った環境の中で、様々な個性が育まれていきます。

これは選択の余地が無い事で、愛情に満ちた環境で育った方もいれば、機能不全家庭に生まれ我慢を重ねながら、自分を守って来た人もいます。

そういう環境で育って来たがためにACになってしまい、「アダルトチルドレン」という言葉すら知らずに毎日が生きづらく、そんな自分を責めたり否定してしまっている方も多くいます。


幸せなアダルトチルドレンになりましょう

ですが「AC」は病気でも無ければ、悪い事でもありません
むしろ、人のために役に立ちたいと思うような素晴らしい一面も持っているんです。

「責任感が強く自己犠牲を厭わず人の面倒を見る」性格で人々を助ける立場の職業を選択する方も多くいます。
(特に医療・福祉関係のような援助職を選ぶ方にACが多い事が分かっています)

ただ、その人たちはいつも誰かのために社会的貢献を必死に行いながらも自己評価を十分する事ができず、他人を大事にするのに自分を大事に出来ず、いつまでも無力感や自己不全感に悩みます。

この「自己不全感」や「自己犠牲」をカウンセリングによって無くすこと

そうすることによってACという個性が初めて自分のため、他人のために活かされることになります。

「幸せなアダルトチルドレン」になることが出来るんです。


変わりたいけど変われないあなたへ

「不幸な自分で居るのが当たり前」の分かりやすい例として、カウンセリングの予約キャンセルが挙げられます。

ヒーリングフォレストにおける予約キャンセルは「不幸な自分のままで良い」という生き方が、そのまま表れています。

ヒーリングフォレストを2回以上利用されているお客様の予約キャンセルは、ほとんどありません。

カウンセリングの予約キャンセルをする方のほとんどは、初めてヒーリングフォレストを利用される方、つまりまだヒーリングフォレストに来たことが無い方です。

これは「心理カウンセリング」という、それまで経験したことが無い、自分にとって「新しい試み」に不安を感じて、ココロ(潜在意識)がこの「新しいこと」を拒否したい、或いは過去に受けたカウンセリングで嫌な想いをしていたり、思うような結果が出なかったなどの理由から、今まで通りの「不幸な自分」で良いじゃないか、とココロが働きかけているからです。

何か新しいことをしようとしてもココロはそれを拒否して何もしない、という今までと同じ選択を自分にさせて、さらに自分ではそのココロの働きが分かっていないために、行動出来なかった自分を責めたり、否定するという悪循環も生み出してしまいます。

トラウマ克服とあなたの生き方を変えるお手伝い

「不幸な自分のままで良い」という生き方は、このように自分で振り絞った勇気すら自分で挫いて、自分を否定させている。それを理解することでココロの回復をしていくのは、とても大切なプロセスになります。

もっと楽しく生きていきたい、と思われている方はまず、その意思を持ち続けること、そして変えようとするために行動する勇気を持つこと、その勇気を自分で挫かないこと、このような意識を持続させて、それが「いつも通りの自分」「当たり前の自分」になっていく、これがカウンセリングでの最終的な目標となります。

アダルトチルドレン 負のループを断ち切るイメージ
カウンセリングで負のループを断ち切りましょう

カウンセリング予約カレンダーへ

アダルトチルドレンについての電子書籍も出版しています
ぜひご一読ください

「生きづらさ」からの解放 ~あなたも「アダルトチルドレン」かも?~

お気軽にお問い合わせください080-4125-4916営業時間 9:00-19:00 [不定休]
(カウンセリング中は出られません。ご了承下さいませ)

メールでのお問い合わせはこちら
アダルトチルドレンって?

生きづらさを感じているあなた。アダルトチルドレン(AC)を知ることで、気付いていないココロの問題やトラウマが見つかります。