毎月第2・第4木曜日は面談カウンセリング初回無料
ヒーリングフォレスト紹介

自分の依存傾向に気付く

依存は引き寄せ合うモノです

「アダルトチルドレンを生む機能不全家庭」でもお伝えした通り、機能不全家庭で育つということは、本来の愛情を知らず、常に愛情を求めるような生き方になります。

ヒーリングフォレストを訪れる方の中で、夫婦や恋人、パートナー等との関係に問題を抱えて相談にいらっしゃる方の多くは、相手から「愛されたい」という想いがあるのですが、そこに問題が隠れていることに気付いていません。

なぜ気付けないのか。

それは「本当の愛情」を知らずに育って来ているので、少しでも相手から求められ、相手の求めに応じて喜んでもらえることが「自分の存在価値」だと思い込んでしまい、自分を犠牲にしてでも相手に尽くそうとする「歪んだ関係」を築いてしまうからです。

このような依存傾向がある人は、そのパートナーも似たような傾向をもった人を選びがち、ということはこれまでのカウンセリング経験から感じていることです。

いわゆる「似た者同士」ということですが、これは自分もそのパートナーも「機能不全家庭」で育って来た、ということを意味しています。

「似た者同士なら上手くいくのでは?」と思われがちですが、お互いに「本当の愛情」を知りませんから、それに似たモノでその関係性を維持しようとします。
(恋愛依存やSEX依存などはその「似たモノ」に当たります)

ですがお互いに求めるだけで与えることをしないため、始めのうちは良い関係であってもやがて、一緒に居るのがつらくなってしまいます。

「認めてもらえている」と思い込んでいる相手と離れることの方が怖いため、つらくてもその関係を続けることになってしまい、やがてDVや虐待へと移行します。

どこかでこの依存関係や傾向に気付いて、自分と向き合うことをしない限り、このような関係を繰り返してしまうことにもなります。

これが虐待や機能不全家庭の世代間連鎖につながっていきます。

DV・虐待と機能不全家庭

アダルトチルドレン(AC)の特徴にこのようなモノがあります。

・パチンコ、アルコール、買い物、恋愛などへの依存傾向がある
・いつも自分を責めてしまう
・他人に異常に攻撃的になったり、他人に批判的な感情が浮かぶ
・常に自分を犠牲にしないといけないと思っている


これらの特徴を持たれている方はDV(ドメスティック・ヴァイオレンス)虐待の加害者、被害者になってしまう可能性があります。

最近では愛着障害というコトバも知られて来ている事から、その関連性が注目されて来ています。
※愛着障害とは、乳幼児期に長期にわたって虐待やネグレクトを受けたことにより、保護者との安定した愛着(愛着を深める行動)が絶たれたことで引き起こされる障害の総称です。
(コトバンクより抜粋)

これは機能不全家庭から生まれて来るアダルトチルドレンであり、その傾向によってパートナーとの依存関係からDVや児童虐待に発展してしまう危険性があります。

↓カウンセリング予約↓




DVの典型としてモラハラ夫(彼)とその暴力(身体的・心理的)に耐える妻(彼女)という図式があります。

Healing Forestに来られるお客様の中でもまさにこの典型だったり、男女が逆転しているパターンの方が訪れます。

主に来られるのは被害者の方ですが、それまでの夫婦生活にDVがあったことに気付かれるまで、相当な時間が経っている事もあります。

これは加害者側も被害者側も機能不全家庭で育って来ているため、DVや虐待という意識はなく、それが当たり前、普通、いつも通りの関係と思い込んでいるからです

例えばパートナーの機嫌が悪い時などに暴言を浴びせられたり、暴力を受けるなどは分かりやすい例です。

中には生活が苦しいにも関わらずパートナーが働かなくて自分が働いて生計を立てている、パートナーが働いていても生活費がもらえず、いくら自分が働いても楽にならず、苦しい生活を続けているケースもありました。
(経済的な虐待、DV)

これら被害者の言われることとして「パートナーに嫌われたくないから」や「この人は私が居ないとダメな人だから」という理由があります。

また「子供のために」という理由で、パートナーからの虐待を我慢し続けている方も多いです。

これらの理由を更に聴いて行くとその奥には「見放されたくない」「捨てられたくない」「自分さえ我慢すれば良い」というアダルトチルドレンに合致する想いがあることが分かって来ます。

このような心理状況が「共依存」となります。

DVを受ける方というのは恋愛時代から同じような事を繰り返しているケースが多く、最終的には相手から捨てられても「自分が悪かった」と自分を責めているパターンになっている事があります。

子供時代に必要な愛情を受けられないまま大人になると、必要以上に「愛されたい」という想いを持ちます。

自分では自分を愛しておらず、自分という存在を「他人」を通してしか認められず、そのために「嫌われないよう」振る舞います。

なのでそこに暴力や暴言があっても「この人はこんな私でも認めてくれている」 「暴力を受けるのは私が悪いから。だから私さえ我慢していれば良い」と思い込んでしまい、 どんなにひどい仕打ちを受けてもその相手にしがみつき、離れられなくなります。

本当の愛情が分からない(知らない)というのはこう言うことであり、このような関係が共依存の典型的な形です。

一見するとお互いがお互いを必要としているようにも見えますが実は、主従関係や搾取する側とされる側といった上下関係となっていて、お互いに傷付けあっているだけで 自分自身をも苦しめている事になっていると気付けないまま、つらい日々を過ごします。

また子供がいる場合は目の前で行なわれる暴力や暴言が日常となり、その環境が当たり前の家庭となってしまいます。
(これは子供にとっても虐待となります)

依存傾向チェックリスト

・自分より、家族や親しい人の世話を焼く

・家族や親しい人の考え方や行動に口出ししたり、正そうとしてしまう

・人に頼まれたり、誘われたりしたとき、はっきりと断れない(断るのが怖い)

・他人の問題を自分の問題のように感じる

・自分の悲しみや怒りをその場で、表すのが怖い

・一人の時、寂しくてたまらない

・自分の本音を他人に知られるのが怖い

・自分に必要なものや、自分が本当に望んでいることが分からない

・自分を負け犬、負け組だと思っている

・他人から失望されていると感じる

・人生において、本当に何をしたいのか決めることが出来ない

・自分から進んで友達を作ることが少ない

・他人から「物」や「所有物」のように扱われる

・世話焼きだと言われることがある

・常に寂しさを感じている

・いつも人の顔色をうかがっている

・いつも生きづらさを感じる

・他人が自分のことをどう思ってるのか、とても気になる

これらの傾向はアダルトチルドレンと共通する部分があり、アダルトチルドレンと依存はセットで考える必要があります。
上記の項目の中で、あなたに当てはまる部分があった際は「自分のココロ」と向き合ってみることをお勧めします。

依存からの脱却

共依存関係から抜け出すための方法は、他の依存症の治療と同じです。

「アルコール依存」なら「アルコール」と物理的な距離を取る。
「薬物依存」なら「薬物」と物理的な距離を取る。

「スマホ依存」や「ゲーム依存」なら、スマホやゲームと物理的な距離を取る。

このように依存症からの脱却、その第一歩は「依存対象と物理的に距離を取る」ことです。

共依存の場合、依存対象が「人間」なためそれが難しいところですが、自分に依存傾向があること、なぜ依存してしまうかの理由などを知ることから、問題の改善は可能となります。

そのためにもまず自分の感情と向き合い、自分の想いを吐き出し、そこに客観的な視点を持って話を聴いてくれる相手が必要となります。

また依存は他の対象に移ってしまったり、複合的に依存している場合もあるので、医療分野での治療が必要なモノもあります。

それを知るためにも、カウンセリングは有効な手段となります。

状況にも拠りますが、病院での治療とカウンセリングを並行して行うことで、依存からの脱却は可能です。

つらい生き方から一日も早く抜け出せるよう、早めに自分と向き合うカウンセリングを行なっていきましょう。

↓カウンセリング予約↓



お問い合わせ

icon 電話番号080-4125-4916
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
(カウンセリング中は電話に出られません。ご了承ください。)
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る